サーティファイTOP > コミュニケーション能力認定委員会 > コミュニケーション検定 > 個人の方 > 試験を知る > 受験者の声

コミュニケーション検定

試験を知る 受験者の声・資格活用事例

受験者の声

仙台青葉学院短期大学 准教授

小形 美樹 様講師

実生活でも役立ち、魅力ある社会人に一歩近づける

Q.コミュニケーション検定を導入した理由をお聞かせください。

本学ビジネスキャリア学科では、「高いコミュニケーション能力を身につける」ことを教育目標の一つに掲げています。しかし、学校や家庭など狭い人間関係の中で過ごしている学生には、社会に出てからどのようなコミュニケーション能力が必要となるか、イメージがつきません。 コミュニケーション検定は、新入社員などが実際に遭遇するような場面を取り上げ、コミュニケーションの取り方を考える問題が出題され、また、合格証を手にすることが、学生の自信にもつながるので、学科の学生全員に受験をさせています。


Q.コミュニケーション検定を受験した学生の皆さんの反応はいかがですか?

A.「思ったより、難しかった」とか、「文章を読むのが大変だった」などの感想が聞かれます。普段はメールで短い文章のやり取りをすることが多いので、問題文に戸惑うことも多いようです。だからこそ、合格したときは、大喜びです。


Q.これからコミュニケーション検定を目指す方にアドバイスをお願いします。

A.コミュニケーションをとるのが上手な人は、どんな配慮をしているかなどを普段の生活の中で観察しておくと、検定試験の事例問題に対応できるだけでなく、実生活でも役立ちますし、魅力ある社会人に一歩近づけると思います。

受験者の声一覧に戻る
page top

申込はコチラから

試験に申し込む -個人の方- 試験に申し込む -団体の方-

資格取得の前に模擬問題に挑戦!本試験のレベルを確認できます。

模擬検 模擬検APPストアからダウンロード!!

プライバシーマーク

ページの先頭へ

Copyright(C) 2007-2015Certify Inc. All Rights Reserved.