サーティファイTOP > 活用事例紹介 > 大阪成蹊大学

サーティファイの活用事例紹介 サーティファイの資格検定試験を活用されている団体の事例をご紹介します。

Case-08

Illustratorクリエイター能力認定試験 スタンダード・エキスパート 合格
Photoshopクリエイター能力認定試験 エキスパート 合格
大阪成蹊大学 芸術学部
上野 澄香 様

大阪成蹊大学は1933年に創立された、83年の歴史を持つ総合学園です。”桃李もの言わざれども下おのずから蹊(こみち)を成す”の建学の精神のもと、徳のある人物の養成を教育方針として、教育活動を展開されています。
大阪成蹊大学 芸術学部では、Illustratorクリエイター能力認定試験、Photoshopクリエイター能力認定試験を定期的に実施されており、今回の事例紹介では、芸術学部に所属され、Illustratorクリエイター能力認定試験、Photoshopクリエイター能力認定試験に合格された上野さんからお話を伺いました。

Illustrator Photoshopを学ぶきっかけをお聞かせください。

祖父が庭師をやっていた影響で、お庭を造ることに興味があり、空間デザインを行うことに興味を持つようになりました。その流れでイラスト制作にも興味があり、プライベートでも日常的に様々なデザイン制作を行っています。高校時代にも美術やデザインを学ぶ学科に所属していました。Illustrator、Photoshopは大学に入ってから学び始めました。

Illustrator Photoshopクリエイター能力認定試験を受験した感想をお聞かせください。

試験の結果には自信はありました。大阪成蹊大学では、Illustrator、Photoshopの操作方法に関する授業がとても充実しているので、基本的には授業をしっかり受けることで、検定にも充分対応できるものだと思いました。検定試験を合格するポイントとして、各問題の指示をしっかり読み込んで、内容を理解し、解答することが重要だと感じました。

Illustrator Photoshopを学んで、将来どのように役立てようとお考えですか?

私は住宅関係の業界に就職が決まっていますが、就職後は習得したスキルをもって、様々なデザインを制作し、世に出していきたいと思います。就職後は学ぶこともたくさんありますが、培ったスキルは直ぐにでも活用できるものと思いますので、その力を存分に発揮したいと思います。そしてより多くのお客様に、喜んでもらえるようなデザインを提供できれば幸せです。

今後受験を考えている方にメッセージをお願いします。

授業で操作方法を学ぶことはとても重要ですが、授業以外にも自分で作ってみたいと思ったデザインを積極的に作ってみることが重要だと思います。そうすることで、自然とソフトを使うためのスキルも向上しています。是非IllustratorやPhotoshopを使い、クリエイティブな時間を過ごしてみてください。

ツイート

資格取得の前に模擬問題に挑戦!本試験のレベルを確認できます。

模擬検 模擬検APPストアからダウンロード!!

プライバシーマーク

ページの先頭へ

Copyright(C) 2007-2015Certify Inc. All Rights Reserved.