ビジネス能力認定 サーティファイ

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ログイン
  • 疑似体験
  • 資料請求はこちら

出題例・解説電子書籍ダウンロード

ビジネス能力認定 サーティファイ

MENU

よくある質問

お問い合わせ

特徴・試験内容

■教育著作権検定 出題範囲

※教育現場、日常生活に必要な著作権の知識を以下の項目から出題します。

    大項目 小項目  
ビジネスと法 1 契約 契約の成立・契約書の意義
契約の効力範囲
2 著作権と所有権の相違 共通の性質-物権的である
異なる性質-対象が「物」か「無体物」か
3 知的財産権としての著作権 知的財産権とは
産業財産権(工業所有権)と著作権の相違
著作権法の目的
4 「著作権」という言葉の意味 「著作権」という言葉の意味
著作物 5 著作物の要件 著作物の定義
「思想または感情」(の表現であること)
創作性
表現
著作物該当性に関するその他の問題点
6 著作物の例示など 著作物の例示
権利の対象とならない著作物
応用美術
7 特殊な著作物 二次的著作物
編集著作物
データベースの著作物
共同著作物
著作者 8 著作者 著作者の定義
著作者の推定
9 職務著作 職務著作とは何か
10 映画の著作物の著作者 映画の著作物とは
映画の著作物の著作者と著作権者
著作者人格権 11 著作者人格権 著作者人格権とは
12 公表権・氏名表示権・同一性保持権 公表権
氏名表示権
同一性保持権
13 著作者人格権が侵害された場合の対応 差止請求、損害賠償請求、不当利得返還請求
名誉回復等の措置、著作者又は実演家の死後における
人格的利益の保護のための措置
著作権 14 総論 著作権とは
15 支分権 複製権
上演権及び演奏権
上映権
公衆送信権等
口述権
展示権
頒布権
譲渡権
譲渡権の消尽
貸与権
翻訳権・翻案権等
二次的著作物にかかわる原著作者の権利
著作権の制限 16 総論 著作権の制限とは
17 著作権の制限(私的使用) 私的使用のための複製
該当要件
18 著作権の制限
(教育・図書館関係)
図書館等における複製等、図書館等における複製行為者の概念
「図書館」とは
教科用図書等への掲載
学校その他の教育機関における複製等
「授業における過程」・「教育機関」とは
試験問題としての複製等
19 著作権の制限(引用・転載) 「引用」とは
引用の要件と効果
20 著作権の制限(非営利無償) 非営利無償の上映等
21 著作権の制限(その他) マスコミ関係、プログラムの著作物、美術の著作物、障害者関連
私的録音録画補償金 -
技術的保護手段の意義及び技術的保護手段を回避しての複製
著作物の保護期間 22 保護期間の原則 保護期間の始期と存続期間
各著作物の保護期間
23 保護期間の例外 相互主義 -
戦時加算 -
著作権の変動と著作物の利用 24 権利の変動 著作権の譲渡
譲渡に関する特例(27条・28条の特掲について)
25 著作物の利用 利用許諾
出版権の設定
質権
著作権の登録 26 著作権の登録 実名、発行年月日等の登録
第三者に対抗するための著作権の登録
プログラムの著作物の創作年月日の登録
プログラムの著作物の登録に関する特例
著作隣接権 27 総論 著作隣接権とは
28 著作隣接権
(実演家の権利)
実演家人格権
実演家の著作隣接権
29 著作隣接権(レコード製作者の権利) レコード製作者の著作隣接権
30 著作隣接権
(放送事業者、有線放送事業者の権利)
放送事業者、有線放送事業者の著作隣接権
31 著作隣接権(保護期間、制限規定等) 保護期間、制限規定等
著作権の侵害と救済 32 著作権の侵害 著作権・著作者人格権等の侵害
みなし侵害
みなし侵害~国外頒布用商業用レコードの還流(輸入)
33 差止請求 差止請求とは
34 損害賠償請求 損害賠償請求とは
35 刑事罰 著作権侵害罪
著作権の周辺問題 36 肖像権・パブリシティ権など プライバシーに関する権利、肖像権、パブリシティ権
物のパブリシティ権
37 著作権法上の保護が及ばない場合の不法行為責任 著作権法上の保護が及ばない場合の不法行為責任
著作権・著作隣接権
に関する国際条約等
38 国際条約(ベルヌ条約、万国著作権条約) 国際条約(ベルヌ条約、万国著作権条約) -
39 外国人が創作した著作物の取り扱い
(著作権法による保護を受ける著作物)
外国人が創作した著作物の取り扱い
(著作権法による保護を受ける著作物)
著作権ビジネス 40 ビジネス類型毎の留意点 ビジネス類型毎の留意点 -
41 著作権信託 著作権信託について -
著作物の製作を委託・受託
する際の留意点
42 一般的な著作物(Webサイト・ポスターなど)の場合 著作権の帰属、納品物の権利帰属・権利処理の問題点
43 ソフトウェアの場合 著作権の帰属、納品物の権利帰属・権利処理の問題点
情報社会と情報モラル 44 情報社会と情報モラル 情報社会と情報モラル

※( - )は、それに関する問題が出ないという意味でなく、そのテーマに関し、特段深い知識を求める問題とはしないという意味です。




プライバシーマーク

Copyright(C) 2007-2017Certify Inc. All Rights Reserved.

ページの先頭へ