サーティファイTOP > Web利用・技術認定委員会 > ホームページ制作能力認定試験 > 個人の方 > 試験を知る

ホームページ制作能力認定試験

CERTIFY ONLINEマイページログイン

ユーザーID・パスワードをお持ちの方はこちら
ログイン

個人の方

ホームページ制作能力認定試験とは…

Webページ作成ソフトを使用して、わかりやすく、インパクトのあるホームページを短時間で効率的に制作をするための基本的な能力を測定・評価する試験です。

ホームページ制作における基本的なスキルを測定

今や、大多数の企業が自社のWebサイトを保有するとともに、個人でも自らホームページを開設して情報発信するケースが拡がっていますが、そのほとんどはホームページ・ビルダー、DreamweaverといったWebページ作成ソフトを使用して作成されています。ホームページ制作能力認定試験は、Webページ作成ソフトを使用し、わかりやすく、インパクトのあるホームページ制作をするための基本的な能力を測定する認定試験として、多くの方々から活用いただいています。

実際に「Webサイトを作成する」という実践的な能力を証明

コマンド名や機能だけの知識を身につけたところで、実際のWebサイト作成では活用できない場合が多くあります。そこで、サーティファイでは、問題として提出されるWeb制作コンセプト、テーマ、仕様、素材にもとづき、複数のページで構成される1つのWebサイトを実際に制作する「実技問題」を出題することで、より実践的な能力評価をしています。ホームページ制作能力認定試験でホームページ作成の基礎技術をしっかりと身に付け、Webクリエイター能力認定試験へのスキルアップを目指せば、Webデザイナーとして活躍することも可能です。

Web業界への入り口

Web業界は、急速な技術革新に伴う運用コストの低下、接続端末の普及率の拡大により劇的に進化しました。中でも、インターネット広告費は年々増加。2002年からわずか10年ほどで約10倍の規模にまで達しました。 また、大量のコンテンツが必要となっているため、情報サービス業界の求人も増加の一途をたどっており、Web業界は常に優秀な人材を求めています。多くの可能性を秘めた新興業界であるWeb業界への初めの一歩として、ホームページ制作能力認定試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

資格取得の前に模擬問題に挑戦!本試験のレベルを確認できます。

模擬検 模擬検APPストアからダウンロード!!

プライバシーマーク

ページの先頭へ

Copyright(C) 2007-2015Certify Inc. All Rights Reserved.